サイトTOP > パソコン・インターネット裏技特集 > 無料メモリアップグレードの裏技 > 無料メモリアップグレードの裏技(後編)

もうお分かりかと思いますが、そうです。パソコンが届いたらメモリの容量1GB分現金に換える自力キャッシュバックをしてしまおう!ということです。

みなさんのパソコンの使用目的は何ですか?実はよっぽどのヘビーユーザーでない限り、2GBもメモリは必要無いのです。 インターネットとメールのみ、又はオフィス用途でしたら 256MB もあれば十分です、デジカメの画像編集程度であれば、512GB で十分です。

見極め方法

自分のパソコンが普段どの程度のメモリを使っているか調べることができます。 「Alt」 + 「Ctrl」 + 「Delete」 で Windows タスクマネージャ を開きます。

Windows タスクマネージャ

「パフォーマンス」 タブをクリックすると上の画面が現れます。注目するのは 「コミット チャージ (KB)」 の「最大値」 です。 これは、今までにそのパソコンが使った仮想メモリの最大値です。なので、この値が例えば 「182334 (KB)= 約180MB」 だとしたら、メモリは256MB で十分である。と判断できます。

メモリスロットにささっているメモリ以上のような感じで見極めて、やはり1GBで十分と判断したら、メモリを1枚抜いてしまいましょう。 メモリは 「メモリスロット」 という場所に取り付けられています。

右図のような長くて凹型の部分で、両脇に白い止め具が付いています。 上下にある止め具を同時にクッと押すと、刺さっているメモリが浮いてきますので、そのまま取り外します。

とても簡単な操作ですが、あくまで自己責任で行って頂けるようお願いします。慎重に行えば大丈夫ですよ。

これでメモリの取り外しは完了です。後はこのメモリを傷つけないように緩衝材(プチプチ)に包んで、パーツ買取りショップなどに買い取ってもらえば、現金が手に入ります!ちょっと面倒くさいですか?

買取り価格について

メモリの買取り価格ですが、パーツショップなどによって値段が違いますので(特にメモリは値段の変動が激しいパーツです。)できれば一番高く買い取ってもらえる所がいいですよね。オススメは 「じゃんぱら」 というパーツ買取りショップです。

ここは 「通信買取」 といって実際にお店に行かなくても買取りをしてくれる便利なサービスがあるので是非利用しましょう。 今回の 「MDV-ADVANCE ST4700S」 の機種のメモリはじゃんぱら買取価格で 5,500円でした。それなりに金額になるかな?と思います。

じゃんぱら調べ

上の画面は2007年3月31日のものです。買取価格は絶えず変動しますので、その都度確認を取って下さい。

今回見事に5,500円のキャッシュバックに成功しましたが、例えばメモリを欲しがっている友人に利害関係が一致すれば、さらに高い値段で買い取ってもらえるかもしれませんので、色々調べてみるのも手です。メモリ自体はほとんど新品のバルク品と変わりませんので、安心して買い取ってもらえますよね。

パソコン・インターネット裏技一覧へ

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ