サイトTOP > パソコン・インターネット用語辞典 > か~こ

タグ

文章やデータをコンピュータに理解させるために使用される、印つけをする文字列のこと。 一般生活で使われるタグ(荷札)と意味は一緒です。ホームページ制作などで文字の大きさや装飾、レイアウトを行うために 「タグ」 をデータの中に組み込むことによって、様々な表現ができるようになっています。

例えばこのページを見ている時。画面の一番上に 「用語辞典 | タグ | マウスコンピューター情報局」 とありますが、これはHTML文書といわれるプログラムで書かれています。実際にどのように記述されているかと言いますと、 <title>タグ | 用語辞典 | マウスコンピューター情報局</title> となっています。 これは、このページのタイトル(題名)を指定できるものですが、この中の <title> </title> がタグと呼ばれます。

タグの使用例

A 「このページインパクトが無いんで文字大きくしたいんですけど、タグで18位で指定していいですか?」
B 「タグでの指定はCSSで指定してよ。」
A 「…CSS?」
B 「勉強不足!」

気を付けて!タグと間違えそうな単語

・タブ ・ダブ ・タッグ ・タック(チックとタック) ・フブ など。

タスク

コンピュータが処理する仕事の単位のこと。 Windows XPでは、フォルダのウィンドウの左側に表示されるメニュー項目のことをタスクと呼びます。 タスクという用語については様々な定義がありどの程度までの作業をひとつにまとめた表現なのかは明確には決まっていません。ユーザが判断したひとまとまりの 「仕事」 を指すのが一般的かと思います。ちなみに、複数のタスクを同時に実行するのを 「マルチタスク」 といいます。

タスクの使用例

A 「さっき見てたページ閉じちゃったかな?」
B 「タスクバーに最小化してあるのがそれじゃない?一番右。」
A 「コレダ!」

気を付けて!タスクと間違えそうな単語

・ラスク ・タッグ ・デスク ・襷(タスキ) ・フリスク など。

チェーンメール

連鎖的に不特定多数への配布をするように求めるメールのこと。 「不幸の手紙」 などが代表的なもので、届いたメールを5日以内に10名の人に送らなければ貴方に不幸が訪れます、といった内容でねずみ算式に広まっていきます。 電子メールや携帯電話が普及して広まる速さはとても速くなりました。最近ではミクシーなどで 「バトン」 といった呼び名で、一種のチェーンメールが流行していますが、基本的に第三者を不快にさせる類のものではないようです。

チェーンメールの使用例

A 「チェーンメールきた。」
B 「どんな内容?」
A 「10人に送れってかいてある。送らないと不幸になるって…。でも俺10人も送る相手居ないけど…。」
B 「…。もう不幸じゃん。」

気を付けて!チェーンメールと間違えそうな単語

・遅延メール など。

チャット

インターネット上でネットワークでつながれたメンバーと、文字を主体にリアルタイムに会話を行うシステム。 実際の会話のように短い文章をリアルタイムにやり取りしてコミュニケーションを行ないますので、キーボードを打ち込む速さが多少求められます。 有名なチャットツールとして、メッセ(ウィンドウズメッセンジャー)や、一昔前であれば ICQ などがあります。最近はチャットで動くアイコンを使って自分の気持ちを表現したり、ちょとした動くアニメを相手に送ったりでき、チャットの楽しみ方が増えています。

チャットの使用例

A 「この間知らない人とチャットで盛り上がってさ、昨日実際に会ってきたよ。」
B 「えっ!ほんと!?どんな人だった?可愛い?」
A 「凄く可愛かったケド、高額の絵を売りつけられそうになった。」
B 「…そう。」

気を付けて!チャットと間違えそうな単語

・チャコ(ケンちゃんチャコちゃんより) ・キャット ・バット など。

ディレクトリ

ファイル・データを分類し整理するための入れ物。 Windows やMacintosh では フォルダと呼びます。こちらの名称の方が馴染んでいるかと思います。UNIX などでは逆にフォルダをディレクトリ、と言います。

ディレクトリの使用例

A 「プレゼンの資料をまとめたデータ、確かここのディレクトリに入れておいたよね?」
B 「いや、もういっこ上ですよ。」

気を付けて!ディレクトリと間違えそうな単語

・タペストリー ・ヴィクトリー ・タスクトレイ など。

デバイスドライバー

パソコンにつないだ周辺機器を、正常に利用出来るようにするためのソフトウェアのこと。デバイスドライバーは、その周辺機器がどのような仕様でどのように動かせばよいかという情報をパソコンに伝えます。

パソコンはその情報を元に周辺機器を動かしているのです。ですから、デバイスドライバーは使用者とパソコンを取り持つ役割を担ってきるとても重要なものなのです。 デバイスドライバーとはソフトウェアの総称で、それぞれディスプレイドライバー、サウンドドライバー、プリンタドライバーなど、周辺機器の名前を取って呼ばれます。

デバイスドライバーの使用例

A 「ドライバー無くしちゃった!どうしよう…。」
B 「それメーカーのサイトで落とせるよ。」

気を付けて!デバイスドライバーと間違えそうな単語

・ドライブ ・スクレイパー など。

デフォルト

アプリケーションソフトやハードウェアの設定などで、ユーザが入力するはずの値で入力が無かったときの為に、プログラム側であらかじめ用意しておいた値のこと。 「初期設定値」 や 「工場出荷時設定」 などとも言います。 例えば、Internet Explorer(IE)を起動すると、パソコン・メーカーなどのWebページが表示されますが、これはIEのURL設定欄に、パソコン・メーカーのURLがデフォルト値として登録されているからです。 また、最近パソコンユーザーの間ではこんな会話も見られます。 「あの人デフォルトであんなにキレイなんだから、化粧すれば凄いよね。」これは 「あの人は普段化粧をしていないであんな美人なら、化粧をしたらもっとキレイになる」 という意味になります。 ちょっと下らないですね。

デフォルトの使用例

A 「あれ?…フォトショップ誰かいじった?画面の構成が変わってるけど。」
B 「すいません。デフォルトの設定だと仕事がやりずらかったので。」

気を付けて!デフォルトと間違えそうな単語

・フォルト ・ダブルフォルト ・デフォルメ など。

ドット

画面に表示される点のこと。 また記号のピリオド 「.」 もドットと呼ぶ場合があります。例としてはホームページのアドレスや、電子メールのアドレスに使われる 「.」 が一番分かりやすいかと思います。 パソコンの画面をよく見てみますと、小さな点が無数に確認出来るかと思いますが、これがドットです。「画素(がそ)」 や 「ピクセル」 とも言われます。

ドットの使用例

A 「この画像ドットが荒いよ、どうして?」
B 「ネットから拾ってきたものなので…。」

気を付けて!ドットと間違えそうな単語

・ロット ・トド ・どんと(ほっかいろ系の) ・怒涛 ・トト(サッカーくじ) など。

ドメイン

インターネット上に存在するコンピュータやネットワークにつけられる識別子のこと。 インターネット上の住所のようなものです。アルファベットと数字で構成されていて、同じ組み合わせは存在しません。 ドメイン取得に関しては先着順になっていて、先に取得した人がいた場合は後から申請しても取得できません。なので人気のドメイン名は早いもの勝ちと言えます。

ドメインの使用例

A 「ネットビジネス始めたいんだけど独自ドメインかレンタルサーバのサブドメインか迷ってるんだよね。」
B 「絶対独自ドメインを勧めるよ。後々有利だよ。」

気を付けて!ドメインと間違えそうな単語

・ログイン など。

あいうえお順

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ