サイトTOP > パソコン・インターネット用語辞典 > ら~ろ

ライセンス

プログラムやソフトウェアを使用する時に、ソフトウェアメーカーが購入者に対して許諾するソフトウェアを使用する権利のこと。 メーカーからライセンスの許諾を得ないまま使用すると不正行為となり、著作権の侵害となりますので注意しましょう。 一般的にはソフトウェア1つに対して1ライセンスとなります。

ライセンスの使用例

A 「この機会にうちの会社でも photoshop を導入しますか。」
B 「そうですね。幾つライセンスとっておきましょうか?」
A 「そうだな、常駐デザーナーの人数分だけお願い。」
B 「photoshop のライセンスって高いですね。」

気を付けて!ライセンスと間違えそうな単語

・ランドセル ・ナンセンス ・サイエンス ・アドセンス ・ハイセンス など。

ランタイム

ソフトウェアの実行時に必要不可欠なプログラムの事。 ランタイムは、プログラムを動かすための土台ということが言えます。Windows においてはDLLファイルで提供されています。 プログラム、アプリケーションソフトの実行時にランタイムが必要かどうかは、そのソフトの開発に使われた開発ツールによります。 普段は意識しませんが、あるソフトをインターネット上からダウンロードした時 「ランタイム」 のインストールをしないと動作しないものがあります。

ランタイムの使用例

A 「昨日紹介してもらったあのゲームなんだけどさ、家のパソコンじゃ出来なかったよ。なんで?」
B 「マジで?…あ、あれね、ランタイムが必要なんだよ。」

気を付けて!ランタイムと間違えそうな単語

・オンタイム ・ランチタイム ・バンダイプラモデル ・パントマイム など。

リソース

メモリの容量やCPUの処理速度、ハードディスクの空き容量などの総称。 簡単に言ってしまえば資源ということです。このリソースが十分に確保されていない場合、コンピューターはメッセージを表示し、リソースの確保を求めてきます。 大抵の場合パソコンの性能以上の要求を求めてきますので、確保するにはパソコンへの投資が必要です…。

リソースの使用例

A 「あれ、リソースが足りないってさ…どうしよう?作業が進まない。」
B 「作業領域をCドライブにしてるでしょ?確かパーティション分割してDあるからさ…。」
A 「あった!環境設定で変えられるわ。よかった。」

気を付けて!リソースと間違えそうな単語

・ソース ・リリース ・リゾート など。

リモートアシスタンス

Windows XP に備わっていて、任意のパソコンを遠隔操作できる機能。 使用用途としては、初心者がパソコンのトラブルに遭遇した時に遠く離れた上級者に助けてもらう時に使用しますが、その他にも幅広く活用できます。 使用したいユーザーは離れたユーザーにメッセンジャーなどを使ってメッセージを送り、離れたユーザはそれを受けてリモートアシスタンスのセッション開始を要求します。使用したいユーザーはこの要求を許可することで離れたユーザーにパソコンを操作してもらえます。 同じ画面を2人のユーザーで共有できるので、操作方法を実際に見せながら解説ができます。

リモートアシスタンスの使用例

A 「ごめん、今忙しい?ちょっとコマンドプロンプトのことで教えて欲しいんだけど、ちょっと口では説明できないんだ。今日夜空いてるかな?」
B 「ん、今会社だけど休憩時間だから、リモートアシスタンスで教えるよ?XPでしょ?」
A 「そっか!じゃあ待ってます、助かるよ!」

気を付けて!リモートアシスタンスと間違えそうな単語

きっと間違えません。

リンク

ホームページのある場所から別の場所に一瞬で移動できる仕組み。 ホームページは自分が欲しい情報が探しやすいという特徴があります。それはリンクを使って関連付けされているからです。 特定の記事から特定の記事へ移動できるように設定することを 「リンクを貼る」 と呼びます。また、移動のことを 「飛ぶ」 とか 「ジャンプする」 などと表現します。

リンクの使用例

A 「開設1年経っているのに、今だにアクセスが1日10位なんだよね…(泣)」
B 「よし!俺がアクセス流してあげるよ。テーマが一緒だし。」
A 「ホント!?ありがとう。」
B 「明日トップページにリンク貼っておくから。」

気を付けて!リンクと間違えそうな単語

・リンク(冒険の人) ・リンゴ ・リンダ ・リーク ・リュック ・タンク など。

ルーター

異なるネットワーク同士を、経路を選択し相互接続してデータを中継するネットワーク機器。ルーターとはネットワーク同士の交点にある機械でデータがきた時にその行き先を読み取って、どのルートを通っていけばいいのかをデータに教える役目があります。 道路に例えるなら、ネットワークの交差点で、データの交通整理をしているのがルーターになります。

ルーターの使用例

A 「その新しいパソコンにこのルーター咬ませといて。」
B 「あいよっ!」

気を付けて!ルーターと間違えそうな単語

・モーター ・チーター ・ピーター(池畑慎之介) ・ペーター(ハイジの) ・チューター など。

レジストリ

Windows の基本情報やソフトウェアの拡張情報などが保存される場所。 レジストリ情報の書き込み・設定変更や削除は、通常はオペレーティングシステムやアプリケーションソフトのウィザードによって自動的に行われるが、レジストリエディタ (ファイル名を指定して実行 → regedit と入力) の使用により、手動での編集も可能です。

このレジストリは Window 自体の様々な設定の部分を司っていますので、この設定を変えることで例えばゴミ箱の名前を変えたり、とカユイ所に手が届く訳です。 しかし、レジストリは 「素人が手を出してはいけない箇所ナンバーワン」 として認知されています。レジストリをいじる時はくれぐれも注意しましょう。

レジストリの使用例

A 「機能レジストリ直接いじってから、Windows の調子が悪いんだよね。」
B 「自称中級者はやっちゃうよね。再インストールしたら?バックアップとってないんでしょ?」
A 「…うん。ショボーン (´・ω・`) 」

気を付けて!レジストリと間違えそうな単語

・レジ素通り ・レジスタンス など。

レンタルサーバー

インターネットに常時接続されているコンピューターの一部スペースを借りてレンタルするサービス。 レンタルサーバー会社がマンションの「貸主」であるとすると、お客様はその一室を借りて使用する「宿主」ということになります。

レンタルサーバーの使用例

A 「レンタルサーバーどこにしようかな…?」
B 「ロリポップとムームードメインの最安値コンボでいいんじゃね?」
A 「そうだね。個人ブログだし金無いし。」

気を付けて!レンタルサーバーと間違えそうな単語

・エロビレンタル三本立て など。

ローカル

ネットワーク内(ローカルネットワークやインターネット)での自分が使っているパソコンのこと。 ローカルと言う言葉は 「その場所の」 という意味になりますので、自分が使用しているコンピュータに接続されたハードディスクやプリンタのことを指します。 ネットワークで接続された別のコンピュータと共有フォルダでディスクを使用している時に、区別する必要がありますので、そのような場合に用いられます。

ローカルの使用例

A 「もしもし。昨日の校正済みデータが見つからないんだけど、どこにあるかな?」
B 「えっと…あ、すみません会社のマシンのローカルに置いたままです。」
A 「あれがないとプレゼン出来ないな…。 」
B 「会社行ってサーバーにあげてきます!」

気を付けて!ローカルと間違えそうな単語

・ロッカールーム ・ラジカル ・儲かる ・ロートル など。

あいうえお順

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ