サイトTOP > パソコン・インターネット用語辞典 > か~こ

カーソル

キーボードで入力したい文字がある時、その位置を画面上に表すもの。 点滅する黒い棒で表されます。このカーソルの点滅速度は 「スタート」 → 「コントロールパネル」 → 「キーボード」 画面の一番下の 「カーソルの点滅速度」 で変えることができます。 またカーソルの太さは 「スタート」 → 「コントロールパネル」 → 「ユーザー補助のオプション」 画面の 「画面」 タブから設定が可能です。

カーソルの使用例

A 「ここのテキストだけコピーしたいんだけど、うまく反転しないな~。」
B 「その場合、カーソルを真ん中にもっていってダブルクリックするといいよ。」
A 「ホントだ!」

気を付けて!カーソルと間違えそうな単語

・カーネル(サンダーズ氏) ・パラソル など。

カードリーダー

メモリーカードにデータを読み書きする周辺機器のこと。コンパクトフラッシュやメモリースティック、SDカードなど様々な小型メディアに対応したものがあります。

カードリーダーの使用例

A 「あれ?このパソコン、コンパクトフラッシュ駄目なんだ。どうしよう…。」
B 「あ、私カードリーダーもってますよ。」

気を付けて!カードリーダーと間違えそうな単語

・ガードレール など。

解凍

圧縮(データの内容・意味を保ったまま、容量を軽くする処理)されたデータを元に戻すこと。 「+Lhaca」 などの解凍ソフトを使って解凍する場合や、自己解凍型といってファイルをダブルクリックするだけで元のファイルに戻るものもあります。

解凍の使用例

A 「田中さんから受信した添付ファイル全部ZIPで来てますけど、どうします?」
B 「それ必要だから、全部解凍しておいて。」
A 「あれ?解凍ソフト入れてなかった。Lhacaインストールしたいんですけど、あります?」
B 「窓の杜で拾って。」

気を付けて!解凍と間違えそうな単語

・冷凍 ・開放 ・解答 ・回答 など。

拡張カード

パソコンの機能を追加するための電子回路(集積回路がある板状の基盤)のこと。 デスクトップパソコンの場合、本体のカバーを開けて内部にある拡張スロットと呼ばれる溝に差込み、機能を追加します。 拡張カードの種類は沢山あります。SCSI(スカジー)カード、サウンドカード、モデムカード、LANボード、ビデオキャプチャーカードなど、これらは全て拡張カードです。

拡張カードの使用例

A 「このパソコン、拡張カード取り付けてあるけど、これ何?」
B 「たしか、キャプチャーカードだったと思うよ。ドライバー入れてないけど。」 A 「使えるかな…?」

気を付けて!拡張カードと間違えそうな単語

・PCカード など。

拡張子

ファイルの末尾に付いている 「.(ピリオド)+英数字3文字」で表す記号のこと。 ファイルの種類を識別すのに使われます。つまり拡張子を見るだけでそのファイルが何のファイルかを特定することができます。 MAC(マッキントッシュ)にはこの概念はありません。主なもので言えば、「txt」や「doc」の文書ファイル、「bmp」や「jpg」「gif 」などの画像ファイル、「wav」や「mp3」「mid」といった音声ファイルなどが挙げられます。

拡張子の使用例

A 「拡張子がjpgなのに、ビューワーで開かないな~。」
B 「今極窓で調べたけど、偽装してあったよ。」

気を付けて!拡張子と間違えそうな単語

・拡声機 ・欠く調子 など。

カスタマイズ

サービスの内容や商品の性能を利用者の思うように変更すること。 パソコンに関していえば、アプリケーションの設定や作業画面を操作しやすいように変えたり、パソコン本体の機能を自分の好きなようにパーツなどの構成を変えることをカスタマイズと言います。

カスタマイズの使用例

A 「マウスコンピューターってどうなの?」
B 「安いし、パーツとかサポートのカスタマイズが出来るから融通きくよ。」
A 「へぇ~。」

気を付けて!カスタマイズと間違えそうな単語

・カスタードクリーム ・カスタネット ・サマーズ など。

画素数

光を電気信号に変える素子の数のこと。 この画素数が多い程キメ細やかな写真を撮影出来ます。もう携帯電話などでお馴染みの用語だと思います。 200万画素というのは簡単に言うと 「その画面は200万もの粒で構成されている」 という事です。 写真のプリントの目安としてサービス版(Lサイズ)から6Pプリント(ほぼA4サイズ)なら200万画素数あれば綺麗な写真ができます。またWEB用の画像であれば100万画素数以下で十分です。

画素数の使用例

A 「新しく契約した携帯電話、300万画素数あるのに、写真がキレイに撮れないんだよね~。」
B 「多分前のヤツはオートフォーカス機能が付いてたからだと思うよ。」
A 「確かに、今のヤツには付いてないな、盲点だったよ。」

気を付けて!画素数と間違えそうな単語

・素数 ・素因数 ・画像数 など。

ギガバイト

ハードディスクやメモリの容量などを表す単位のこと。「GB」 と表記されます。

・1byte(バイト) … 半角英数文字1文字
・1KB(キロバイト) … 1024byte
・1MB(メガバイト) … 1024KB
・1GB(ギガバイト) … 1024MB
・1TB(テラバイト) … 1024GB
・1PB(ペタバイト) … 1024TB

ギガバイトの使用例

A 「Window Vista 欲しいんだけど、今のパソコンで大丈夫かな?」
B 「いや、こりゃダメだね。メモリが 256MB しかないもん。1GB はないと。」
A 「増設…いやこの際買い替えようかな~。」

気を付けて!ギガバイトと間違えそうな単語

・アルバイト ・期間バイト ・日本ギガバイト ・ギガブレイク など。

キロバイト

ハードディスクやメモリの容量などを表す単位のこと。「KB」 と表記されます。

・1byte(バイト) … 半角英数文字1文字
・1KB(キロバイト) … 1024byte
・1MB(メガバイト) … 1024KB
・1GB(ギガバイト) … 1024MB
・1TB(テラバイト) … 1024GB
・1PB(ペタバイト) … 1024TB

キロバイトの使用例

A 「WEB用に使う画像だから、容量小さい素材が欲しいな。でもデザインとかイイやつ。」
B 「1KB の素材屋さんっていうのがありますよ。」

気を付けて!キロバイトと間違えそうな単語

・アルバイト ・昼バイト ・日本ギガバイト ・キュロット など。

クラッカー

コンピュータネットワーク・コンピューターシステムに不正に侵入したり、破壊・改ざんなどの悪意を持った行為を行う者のこと。 混同しがちですが、クラッカーとハッカーとは明確に区別しなければなりません。 本来ハッカーとはコンピュータ技術に精通した人々に対する尊称であり、悪い意味はありませんでした。 昔からインターネットに関わっている技術者などの間では、悪さを働く者のみを 「クラッカー」 と呼び、ハッカーと明確な区別をつけています。

クラッカーの使用例

A 「ウィルス対策とかを厳重にしていれば情報は守られるかな?」
B 「基本は大丈夫だけど、凄腕クラッカーにピンポイントで狙われたらイチコロだと思うよ。」
A 「怖いね…。」

気を付けて!クラッカーと間違えそうな単語

・ハッカー ・クラッカー(パーティーとかのアレ) ・クラッカー(お菓子のアレ) ・スラッガー など。

クリップボード

コピー&ペーストでデータを移動する時、一次的にデータを保存しておく場所。 クリップボードにデータが移される際、データの種類 (テキストや画像、一部フォントの装飾など) も同時に記憶しておくことができます。 ただし、アプリケーションソフトによってデータの種類が違うため、データが100%移せるかどうかはアプリケーションソフトに依存します。

クリップボードの使用例

A 「さっきコピーしたテキスト、もう一回使いたいんだけど、どこにあったか覚えてる?」
B 「さっきの?…あ、たしかまだクリップボードに残ってるよ、このパソコンでコピペとかした?」
A 「してない…あ、出てきた!良かった。」

気を付けて!クリップボードと間違えそうな単語

・フリップボード ・スナップボール など。

クロック周波数

コンピュータ内部の各回路の間において処理の同期を取るためのテンポのこと。 コンピュータを構成するデジタル回路は、周期的に発生されるタイミングパルス(衝撃電流・衝撃電波・ごく短時間だけ変化するもの)に合わせてすべての処理を行なうようになっています。 クロックはこのための信号を発生するものです。 詳しくはこちらで解説していますので、是非読んでみて下さい。

クロック周波数の使用例

A 「このマシン、メモリは申し分ないんだけどクロック周波数がいまいちなんだよな~。」
B 「オーバークロックかましてみたら?でもCPUの性能あがってもあんま体感速度は変わらんよ?」
A 「そうなんだ、じゃあいいや…。オーバークロックしてあぼんとか最悪だし。」

気を付けて!クロック周波数と間違えそうな単語

・クルックー ・オクロック ・クローク など。

検索エンジン

自分の見たいWEBページを探す仕組みのこと。サーチエンジンともいう。 検索エンジンはその用語は知らなくても、誰もが利用したことがあるかと思います。 インターネットで調べ物をする時に必ず行います。「りんご」 について調べたい時に、四角い欄に 「りんご」 と打ちますよね。 そうその打ち込んでいるそれが、検索エンジンです。有名な検索エンジンを以下に挙げておきます。

・Yahoo! (ヤフー) ・Google (グーグル) ・infoseek (インフォシーク) ・goo (グー) ・MSN (MSNジャパン) ちなみに検索エンジンの約8割のシェアをヤフーとグーグルで占めています。恐るべしです。

検索エンジンの使用例

A 「昨日から、俺のホームページ検索に引っかからないんだよね。」
B 「そういえば、先月からグーグルの検索エンジンのアルゴリズムが変わったらしいよ。」
A 「えっ!?(汗)」

気を付けて!検索エンジンと間違えそうな単語

・検索 「猿人」 ・警察円陣 など。

コピペ

文章やデータなどをコピーし、そのコピーしたものを貼り付けるという操作のことをコピーアンドペーストといい、それを略してコピペという。 2ちゃんねるなどの掲示板では意味が転じて、コピーアンドペーストで掲示板などに貼り付けられる定型文のことを言ったりします。

コピペの使用例

A 「ここに挿入するテキストはまんまコピペでお願いします。」
B 「了解。」

気を付けて!コピペと間違えそうな単語

・パピコ ・クルッピプー ・コピーペーパー ・ホムペ など。

コマンドプロンプト

通常はアイコンなどをダブルクリックして行う命令などその他命令を、キーボードから入力してパソコンの操作を行うことができる機能。 「スタート」 → 「アクセサリ」 → 「コマンドプロンプト」 で現れる画面に、任意の命令を打ち込んで実行します。 コマンドプロンプトでは主に以下の操作ができます。

・Explorer のほぼ全ての操作
・スタートメニュに登録されていないプログラムの起動
・ネットワークの調査、自パソコンのIPアドレスの確認等

コマンドプロンプトの使用例

A 「このフォルダの情報だけ一覧としてコピー出来ないかな?」
B 「コマンドプロンプトでそこの階層に行けば、フォルダのタイトルを一機にコピーできるよ。」
A 「これは目からウロコだ!スゲー!」

気を付けて!コマンドプロンプトと間違えそうな単語

・来ないぞ?プロの人 など。

コンテンツ

「内容」 や 「中身」 という意味の言葉で、ホーム ページに掲載されている記事や、CD-ROM などに収録されている内容のこと。 インターネットなどの情報サービスではコンテンツはサイトの生命線です。コンテンツの充実したサイト=優良サイトです。

コンテンツの使用例

A 「一番効果的なSEO対策って何かな?」
B 「まあ、色々言われているけど、最終的にはコンテンツの質が一番大事じゃないかな。」
A 「そうですね。」

気を付けて!コンテンツと間違えそうな単語

・コンテスト など。

コントロールパネル

パソコンやOSの基本的な設定を行なうソフトウェアを集めたフォルダのこと。 画面の文字の大きさや音量の設定、日付や時刻の変更、新しく接続した周辺機器の設定、インストール済みのアプリケーションの表示や追加及び削除など、よりパソコンを使いやすくするために様々な操作設定が行えます。 「スタート」 → 「コントロールパネル」 から操作を行えます。

コントロールパネルの使用例

A 「クイックタイムのアイコン、タスクから消したいけど、そうやったら常駐しなくなる?」
B 「コントロールパネルにクイックタイムのアイコンがあるから、開いて詳細の一番下から消せるよ。」

気を付けて!コントロールパネルと間違えそうな単語

・コンソール など。

コンパクトフラッシュ

サンディスク社が開発した小型フラッシュメモリカード規格。CF(シーエフ)・CFカードとも呼ばれる。 小型メモリーカードの中では大きく、サイズは36.4mm×42.8mm×3.3mm あります。

コンパクトフラッシュの使用例

A 「ニコンのD-70って使用メディアは何ですか?」
B 「コンパクトフラッシュですよ。」
A 「良かった。ちょうど持ってる~。」

気を付けて!コンパクトフラッシュと間違えそうな単語

・ファイナルフラッシュ ・コンサート会場でフラッシュ禁止 など。

あいうえお順

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ