サイトTOP > 不定期パソコラム > 第5回 - 巷に溢れている記録メディアの種類が多すぎる件

デジタルカメラや携帯電話の普及と共に、コンパクトフラッシュやSDカードなどの小型の記録メディアが沢山出回るようになりました。今や、その携帯性と読み書きの手軽さからCD-RWなどに取って替わるメディアとして認識されているのではないかと思います。

まずは、どれ位の種類のメディアが世間に普及しているのか?…ここに今現在発売されている主な小型記録メディアをまとめてみましたのでご覧下さい。

SDカード コンパクトフラッシュ スマートメディア メモリースティック メモリースティックDuo
SDカード コンパクトフラッシュ スマートメディア メモリースティック メモリースティックDuo
miniSDカード microSDカード XDピクチャーカード マルチメディアカード マイクロロライブ
miniSDカード microSDカード XDピクチャーカード マルチメディアカード マイクロロライブ

その他、このメディアから派生した商品が幾つもあります。同じSDカードでも高速転送ができるバージョンや、その他新規格のものは呼び名が違います。

メモリースティックにおいては 「Pro」 や 「Duo」 があったりします。 私が確認できただけでも30種類のメディアが存在しています。これって気になる人は気になるし、言いたい人は言いたいと思いますが …ちょっと多すぎだと思います。

こんな体験はありませんか?

私はこの間…といっても2006年12月の話ですが携帯を無くすという失態を演じてしまいかなりブルーな状態に陥ったことがあります。 結局被害届をだしたり、落し物センターなどに定期的に電話を掛けたりしましたが発見されずやむなく新規で携帯を購入することになったのです。

因みに警察の調べによると携帯を紛失した場合戻ってくる確立は70%前後らしいです。結構高い確率だな、と感じました。私は見放されましたが。 話を戻しまして、その新しい機種を購入することになったのですが皆さんは携帯を選ぶ時の基準は何でしょうか?

やっぱりデザインですよね?あと値段とか。 誰も使用メディアが何であるか?という基準で選ばないと思います。その時私はうかつにもメディアのことなんて全く頭になく、(落胆と混乱で)結構適当に選びましたauショップのお姉さんに慰めてもらいながら。

それで後で気が付いたら今まで使用していた 「miniSD」 が使えないではありませんか。「microSD」 じゃないと駄目らしいのです。 私は思いました。「 ひ と つ に し て く だ さ い 」 …と。メディアって消費者の立場からするとあんなに要らないと思うのですが、皆さんはどのように思いますか?

まあ、最近は上記の中でも幾つかのメディアは淘汰されてきているな、という印象を受けているのでもう少し時が経てば情勢も変わっていることと思います。

(※2007年4月10日執筆)

不定期パソコラム一覧へ

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ