サイトTOP > 不定期パソコラム > 第13回 - 21.5型のタッチパネル!! 富士通 ESPRIMO WH77/M(FMVW77MB)のレビュー!! > スペック・ベンチマーク・使用感など

ワタシでーす。最後にスペックの調査、タッチパネルの使用感、そして一応ベンチマーク測定や、ワタシがよく使うAdobeのソフトをインストールして使ってみての感想などを紹介していきたいと思います。

ベンチマークについては、この機種はハイエンドグラフィックが搭載されていない(インテルHDグラフィックスを搭載)ので、ゲーム等には不向きだと言えますが、それでもある程度は期待できそうという事で測定してみました!
(※2014年6月22日執筆)

ESPRIMO WHシリーズの公式通販サイトはこちら!!

Windows8.1でもWindows エクスペリエンスインデックスの測定は可能です!

実はWindows8.1で無くなったとされる、ユーザーに向けてのパソコン性能の指標、Windows エクスペリエンスインデックスですが、簡単な操作で測定可能なんです。

コマンドプロンプト

その方法についての解説はコチラを参考にして下さい。分かりやすい解説です。そして、このパソコンで実際にやってみた結果がこれです。

ウィンドウズ・エクスペリエンス・インデックスの結果

やっぱりグラフィックが足を引っ張っていますね。それでも他の数値は非常に高いです。因みに今回レビューしている機種はメモリ8GBにアップグレードしています。

システムの表示

↑ワタシのパソコンのシステムのキャプチャです。

FF XIV 新生エオルゼアのベンチマークの結果

FF XIV 新生エオルゼアのベンチマーク

一応定番のFFベンチマークで測定をしてみました。Intel HD Graphics 4600を積んだこの機種でどこまでいけるか?個人的に興味のある所です。

1920×1080 標準品質 での測定結果

とりあえずこのモニターでフルウィンドウでプレイできるのが理想ですから、厳しいかな?と予想しつつ測定してみました。

1920×1080 標準品質 での測定結果

結果は2273でした。この大画面とハイエンドグラフィック無しの条件下であることを思えば、十分検討しているのではないでしょうか?でもやっぱりゲーム廃人レベルの人には無理ですね。

1280×720 高品質 での測定結果

1280×720 高品質 での測定結果

それではという事で、今度は大画面の楽しさを捨てて、1280pix×720でクオリティを下げずにどうか?をチェックしてみました。結果は2761のやや快適という結果に。大画面で楽しみたい!という欲望を捨てれば、プレイ自体は結構快適になりそうです。

1280×720 標準品質 での測定結果

1280×720 標準品質 での測定結果

ここまで条件を落として快適というスコアが登場します。4304でした。実際に21.5型1920×1080の画面中に1280×720を表示させて測定しましたが、正直臨場感は感じることは無かったです。

やはり快適にゲームをする、という点で言えばこのパソコンは不向きだと思いますが、それでもここまでのスコアは出ますから、条件を落とせば快適にプレイできると言えます。

スペック的にDreamweaverとPhptpshopは厳しいのか?試してみました!

一応家族用ということで手に入れたのですが、結構スペックも高いですから、調子にのってAdobe CCから、DreamweaverPhotoshopをインストールして実際にこのサイトの更新作業をしてみました。

Dreamweaverでマウスコンピューター調査隊

これがDreamweaver CC でマウスコンピューター調査隊のサイトを更新している様子です。さすがワイド画面。とても見やすいです!

DreamweaverとPhotoshop

PSD画像をPhotoshopで開いて…、

Photoshopで編集

編集してDreamweaverに投げ返す。

こんな作業をいくつかしましたが、うん!結構快適ですね。ただ、高解像度の画像でレイヤを十数枚持っている画像を編集したり、ここにブラウザやその他iTunes等を立ち上げたままのマルチタスクをしている時に、じゃっかん動作が鈍くなりました。

自分は中規模サイトを主に運営しているので、この程度の規模のサイトであれば全然問題ありませんが、高画質の画像とか、ページ数が多く、文字と画像をふんだんに使用しているサイトを編集する場合は、多分動作の重みを感じるのではないか?と思います。

大画面のタッチパネル操作がおもしろい!

大画面のタッチパネル操作

実はワタシはこのような大画面のタッチパネルパソコンを手に入れたのは初めてで、いやーほんと感動しています。すごく便利なんですね、タッチパネル操作。

Microsoft アカウントへのサインイン

パソコンを立ち上げて直ぐにセットアップが始まりますが、そこでタッチパネル初体験。メールアドレスの入力をしてみました。

タッチパッドを押す

キーボード(タッチパッド)が画面の下からスッと出てきて入力をするんですが、ボタンを押すたびにポコ、ポコ、と音がなって気持ちいいです。感度もすこぶる良く、えらく感動してしまいました。

タッチパッドが出現すると、当然ですがその分モニターの表示領域を侵食しますが、全然気にならないものですね。一度この快感を覚えてしまったら、全部の操作をマウスを使わずやってしまいたくなる衝動に駆られます。…まあ仕事柄Phptpshopなどを使うので実際には厳しいのですが。

ウチのちびたちにも大好評!

ウチのちびたちにも大好評!

とにかくタッチパッド。楽しいです!改めてパソコンが楽しくなりました!今回は家族用ということで、つまりは主に奥さんに調べ物や簡単なエクセル操作を快適にしてもらうために手に入れたというのがありますが、予想以上に我が家のチビたちに好評です。

大好きなレオンチャンネルカーズ2だのキョウリュウジャーだのスポンジボブだのこまねこだの『おっきなパソコンで見たい!』って必ず言ってきます。

長男のタッチパッドの実力

しかしこどもって凄いですね。ほとんど教えていないのに、直感で操作できちゃうんですから。これは長男(5才)が使いこなしている様子。

レオンチャンネルを軽快に

画面の拡大をする長男。指がちっちゃいのが功を奏し、逆に操作しやすい感じになっています。ピンポイントで一回で拡大してました。

このパソコンが届いてから我が家のテンションは結構上がっております。(笑)それだけでも良かったなと、ワタシ的には思いました。

以上でレビューを終わります。また魅力的なパソコン関連の商品がありましたら、ちょっと浮気してこのコーナーで紹介したいと思います!

ESPRIMO WHシリーズの公式通販サイトはこちら!!

不定期パソコラム一覧へ

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ