サイトTOP > 不定期パソコラム > 第10回 - Windows XPの起動時間を短縮せよ! ~その2~

ご無沙汰気味のコーナーですが、気合を入れなおして久しぶりの更新です。今回は第9話で紹介した起動時間の短縮の話のその2になります。起動時間の短縮はまだまだ色々な側面から攻めていけますのでドンドン紹介していきたいと思います。今回の短縮技はいたって簡単な操作で出来ますので、試してみて下さいね。

起動時間短縮技、設定方法

ファイル名を指定して実行「スタート」メニューから 「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

開いた「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスで、「msconfig」 と入力をし「OK」をクリックします(画面右)

すると、「システム構成ユーティリティ」 の画面が現れますので 「BOOT.INI」 のタブを選択し 「multi(0)disk(0)rdisk~」 という行を選択します。 さらに画面下の 「ブートオプション」 の 「/NOGUIBOOT」 にチェックを入れて 「OK」 をクリックして完了、再起動をします。(画面下)

システム構成ユーティリティ

実際にどれ位速くなるのか?

管理人のパソコンで実際このように設定した結果、Windows XP の起動にかかる時間が2秒位早くなりました。 このコーナーでは今後もこのような小技をちょくちょく紹介していきますので、チリも積もれば山となる、という感じで最終的には20秒位の起動時間の短縮を目標にしていきます。ご期待下さい!

(※2007年8月14日執筆)

不定期パソコラム一覧へ

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ