サイトTOP > ノートブックパソコン

マウスコンピューターのノートパソコンは、ワタシ的には、それこそ昔はなんとなく展開していた感じがどうしてもありました。

しかしここ数年、特に2010年とかそこら辺から、カラーバリエーションを持たせたノートブックとか、タブレットPCをリリースしたあたりから、結構デザインもカッコよくなってきたという印象があります。

基本的にシリーズ名はコロコロ変わるのですが、後継としてアルファベットのどれかは残ります。シリーズ名 は LuvBook(ラヴブック)シリーズと、m-book シリーズ、そしてタブレットPCである LuvPad がメインとなります。

最も人気と需要がある15.6インチ型

m-Book P シリーズ

NVIDIA Optimusテクノロジー優れたバッテリー寿命を実現するNVIDIA Optimusテクノロジーを搭載しています。
NVIDIA GeForce最新のノートPC向けグラフィックス NVIDIA GeForce GTX670M を早くも搭載!ハイパフォーマンスを実現します。
税込価格 \99,750~
m-Book P シリーズ

15.6インチ型のハイパフォーマンスタイプ

LuvBook K シリーズ

NVIDIA Optimusテクノロジー優れたバッテリー寿命を実現するNVIDIA Optimusテクノロジーを搭載しています。
NVIDIA GeForceNVIDIA GeForce GT 650M グラフィックスを搭載。 CPU内蔵グラフィックスと比較しノートPCの性能を最大4.5倍に加速!
税込価格 \89,880~
LuvBook K シリーズ

15.6インチ型のリーズナブルなノートパソコン

LuvBook T シリーズ

mSATA SSDmSATA SSD を搭載した「SSD+ハードディスク」モデルが選択可能。SSD の高速性とハードディスクの大容量を両立。
NVIDIA GeForceNVIDIA GeForce GT640Mグラフィックスを搭載。 CPU内蔵グラフィックスと比較しノートPCの性能を最大4倍に加速!
税込価格 \49,980~
LuvBook K シリーズ

17.3インチ型の大画面ハイスペックモデル!最高スペックを目指すなら!

m-Book W シリーズ

17.3型フルHDノートパソコンでは最大級の液晶サイズ 17.3型フルHD(1920×1080ドット/LEDバックライト)液晶ディスプレイを搭載。
NVIDIA GeForceNVIDIA GeForce GTX660M を搭載。DirectX 11 に対応し、超ハイパフォーマンスを実現するために設計されています。
税込価格 \99,750~
m-Book W シリーズ

17.3インチ型でリーズナルル!パワフル!

LuvBook D シリーズ

17.3型フルHDハイビジョン放送と同じ縦横比 16:9 の画面市販のブルーレイディスク映画やハイビジョンカメラで撮影した映像を大画面で。
NVIDIA GeForceNVIDIA GeForce GT650Mグラフィックスを搭載。蔵グラフィックスと比べ最大4.5倍もグラフィックス性能を加速させます。
税込価格 \79,800~
LuvBook D シリーズ

11.6型の小型ウルトラブック!

LuvBook X シリーズ

耐久性を実現した衝撃の約 960g軽量化と耐久性を実現した衝撃の約 960g。持ち運びに躊躇しない「軽さ」を実現するために、カーボン素材をボディに採用しました。
ウルトラブック素晴らしいパフォーマンスと臨場感あふれるビジュアル体験をフルに発揮、インテル Core プロセッサー
税込価格 \79,800~
LuvBook X シリーズ

11.6型の小型ブック!3色から好きなカラーを選べる!

LuvBook S シリーズ

第3世代インテル Core i722nmプロセスを採用したインテルの最新プロセッサー、第3世代インテル Core i7 プロセッサーが搭載可能になりました。
SSD次世代高速ストレージ SSD を搭載したモデルなら起動も高速になりモバイル性能を高めます。
税込価格 \35,700~
LuvBook S シリーズ

話題の激安タブレットPC

LuvPad WN101-P

Windows 7 professionalWindows 7 Professional 32ビット搭載。起動、シャットダウン、ファイルアクセスや検索で大幅に高速化、パフォーマンスが向上。
インテル Atom プロセッサー最新インテル Atom プロセッサー Z670 搭載 現行製品と比べ 60%小型化し、より低消費電力化。
税込価格 \35,700~
LuvBook S シリーズ

 

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ