サイトTOP > キャンペーン&新着情報 > Core i5-650とQuadro FXを搭載したクリエイター向けPCが8万円台!

Core i5-650とQuadro FXを搭載したクリエイター向けPCが8万円台!

マウスコンピューターは、NVIDIA Quadro FX シリーズ搭載クリエイター向けパソコンで、最新インテル H55 Expressチップセットを搭載し、優れた拡張性を誇るミニタワー型デスクトップ2機種(Lm-i720B-WS/Lm-i720X-WS)を8万円台!から発売開始しました!

Lm-i720B-WS2月8日15時より、マウスコンピューターインターネットサイト、マウスコンピューターダイレクトショップ、マウスコンピューター電話通販窓口にて販売を開始します。

今後もマウスコンピューターは、CAD/CG/CAM/ビデオ編集のクリエイティブ市場、デジタルサイネージ市場に、最新のテクノロジーを搭載しています。

最新価格・信頼おける製品品質・幅広いラインナップとBTOでおユーザーの多様なニーズに対応する製品を提供するとのことです。

新製品の概要

Lm-i720B-WS は、学生からクリエイター中級者に最適な価格、機能パフォーマンスを実現し、インテル Core i5-650プロセッサー、デュアルチャネル4GBメモリ、500GBハードディスク、インテル H55 Expressチップセット、NVIDIA Quadro FX 380、DVDスーパーマルチドライブを採用しています。

Windows 7 Home Premium 64bit版搭載モデルが¥84,840(税込)から、Windows XP Professional 32bit版(Windows 7 Professionalダウングレードサービス)搭載モデルを¥89,880(税込)、OS無しモデルが¥74,970(税込)となります。

Lm-i720X-WS は、学生からプロユースまでのマルチな用途に対応し、インテル Core i7-860プロセッサー、デュアルチャネル4GBメモリ、500GBハードディスク、インテル H55 Expressチップセット、NVIDIA Quadro FX 380、DVDスーパーマルチドライブを採用しています。

Windows 7 Home Premium 64bit版搭載モデルが¥94,500(税込)から、Windows XP Professional 32bit版(Windows 7 Professionalダウングレードサービス)搭載モデルを¥99,750(税込)、OS無しモデルが¥84,840(税込)となります。

新製品の主なスペック

Lm-i720B-WS

CPU インテル Core i5-650 プロセッサー(3.20GHz)
メモリ デュアルチャネル DDR3-SDRAM 4GB (2GB×2/最大8G B)
HDD 500GB SerialATA ハードディスク
チップセット インテル HM55 Express チップセット
グラフィック Quadro FX380 256MB
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
OS Windows7 Home Premium 64-bit版

Lm-i720X-WS

CPU インテル Core i7-860 プロセッサー(2.80GHz)
メモリ デュアルチャネル DDR3-SDRAM 4GB (2GB×2/最大8G B)
HDD 500GB SerialATA ハードディスク
チップセット インテル HM55 Express チップセット
グラフィック Quadro FX380 256MB
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
OS Windows7 Home Premium 64-bit版

新製品の主な特長

Lm-i720B-WS/Lm-i720X-WSについて

3次元のクリエイティブコンテンツの制作に携わる、ユーザー全てに最適なパフォーマンス環境を提供する、インテル Core i5/i7プロセッサーの採用。

最大8GB実装可能な大容量メモリ、標準NVIDIA Quadro FX380のエントリーグラフィクス~ミドルレンジのNVIDIA Quadro FX 1800までの選択、大容量2TBや高速SSDのカスタマイズを実現し、個人ユーザー、法人ユーザーのクライアント環境に最適なOSの選択など、高い拡張性と筺体デザイン性でクリエイティブを志すための武器になります。

クリエイターの武器になる最新インテル Core i5/i7プロセッサー

インテル最新32nmデスクトップ・プロセッサーである、インテル Core i5/i7プロセッサーは、インテル ターボブースト・テクノロジーやインテル ハイパースレッティング・テクノロジーを実装し、レンダリングで有効な複数のスレッドによる並列処理や、自動可変による動作周波数の向上によりエンコーダ処理をより高速化することが可能になります。

3DCG/CADの制作現場で圧倒的な性能を誇るNVIDIA Quadro FXシリーズ

多くのCAD/CAM/3DCG編集用アプリケーションでは、3D画像を描画する方法としてOpenGLというプログラムインターフェイスを採用しています。NVIDIA Quadro FXシリーズでは、常にそれらアプリケーションを快適に動作させるドライバーの提供により、最高のクオリティーと数倍の処理パフォーマンスを実現します。

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ