サイトTOP > マウスコンピューターの評判 > 国内PCメーカーベスト5を目指して

第4位です!株式会社マウスコンピューターは、その前身となる 「株式会社MCJ」 において、2005年に売上げ100億円を突破しました。

更に2006年はディスプレイでお馴染みの 「iiyama」 や、これまた書籍関連でお馴染み(特に 「はじめての~」 シリーズは有名だと思います。)の 「秀和システム」 、そしてこれも耳にしたことがあるかと思いますが、「株式会社ウェルコム」 をはじめとする数々の企業を傘下におさめ、近年急成長をし更に拡大を続けてきました。

そのような中で株式会社マウスコンピューターは2006年にパソコンブランドとして分社化しました。今後の展開が非常に注目されていますが、「“新生”マウスコンピューターの野望」 ということで社長のインタビュー記事が掲載されています。

興味のある方は是非読んでみることをおススメします。代表取締役社長の小松永門氏の情熱が伝わってくるインタビューになっています。

第4位です!私管理人はマウスコンピューターをおススメする1人としてこのサイトを運営していますが、ネット上でたまに見かける、ある書き込みがちょっと気になっていました。

それは、「マウスコンピューターは安いけど、サポートの質が悪い」 「スタッフの対応が不適切」 といった類の書き込みです。

もちろん、真実かどうかは実際に私が体験した訳ではありませんので何とも言えませんが、やはり、これからマウスコンピューターの購入を考えてる人にとってはちょっと気になる書き込みなのではないかと思います。

しかし、インターネット上には、このような心配に対して朗報とも言える記事も同時にあります。マウスコンピューターの会社自身、このようなサポートに関するインターネット上の書き込みを知ってか知らないでか、今最も力を入れているのがサポート&サービスだということを言っています。

インターネット上の記事によれば、マウスコンピューターは、コールセンターの専門会社として有名な 「ウェルコム」 をグループに加え、電話対応などの面においてかなりの強化を図ったということです。

サポートといものは丁寧な対応が一番重要な要素だと思います。いくらパソコンの知識に長けていても、口調が悪かったり物腰が良くないと不快な印象を持ちます。マウスコンピューターはそのようなサポート対応に関してのプロフェッショナル集団のノウハウを取り入れたことで、今後お客様の対応の質を格段に上げる、ということです。

また、出版物関係で大きなシェアを持つ 「秀和システム」 もグループに加わり、Windows OS 等の入門書をパソコンにバンドル(購入時に一緒に)して販売したり、IT専門用語を分かりやすい言葉に直した新しいマニュアルの監修なども行っているそうです。

新生マウスコンピューターはまさにこれからといった感じですが、今後サポートに関しての評価は間違いなく向上するのでは?と感じました。

マウスコンピューターの魅力について

マウスコンピューターでは、BTOパソコンを販売しています。「BTO」 とは、「Built To Order」 という語の頭文字をとったもので、日本語に訳しますと、「受注生産方式」 という意味になります。つまり、「パソコンの各パーツの組み合わせを選べる仕組み」 になっているので、自分の目的・用途に合ったパソコンを手に入れる事が可能なのです。

量販店で見られるメーカー製のパソコンは、購入時のメモリの増設以外は、ほぼパーツの組み合わせが固定されてしまっています。その点BTOパソコンは、CPUやHDD(ハードディスク)単位で組み合わせを自由に選択できる事ができます。マウスコンピューターは、ユーザーの 「わがまま」 に応える事ができるのです。

BTOパソコン

激安パソコンとしての地位を確立 - 2万円代価格の実現 -

マウスコンピューターのパソコンでは、OSなしの最小構成のモデルで2万円代を実現しています!(※モニタなしでの価格です。)こちらのモデルのスペックを見てもらえば分かりますが、だからといって性能が悪すぎるということではありません。

インターネットやオフィス用途に購入を検討されているのであれば、むしろ十分な性能を兼ね備えているといえるでしょう。ハイエンドモデルに関しても、基本的にコストパフォーマンスが高いのが魅力です。

Q&A 「どうして安くて良質なパソコンが作れるの?」

マウスコンピューターのパソコンでは、徹底的に無駄なものを排除しています。例えばプリインストールソフトの排除。プリインストールソフトとは、販売するパソコンに最初からインストールされているソフトウェアのことを指します。

私は、一番最初に購入したパソコンが某メーカー製のパソコンだったのですが、まだ初心者だったという事もあり、「初期インストールソフトが豊富!会計ソフトや路線案内もあります!」 みたいなフレコミに、「いっぱいあってお得だな~。」 なんてな事を思い、ついつい財布のヒモを緩めた経験がありました。

しかし、いざ購入後に使ったプリインストールソフトは20〜30位あった中で、1〜2個だったと思います。次のパソコンの買い替え前には1つも使っていませんでした…。プリインストールソフトが沢山あればお徳、という認識は間違いだと気が付きました。

むしろパソコンの動作を重くする最たる原因になります。マウスコンピューターでは最低限のソフトしかインストールされていません。 後から自分が本当に必要なソフトだけをインストールする事ができます。これが安い理由の1つです。

マウスコンピューターのパソコンは、工場からお客様にパソコンを直送することで、ムダな流通手数料を省いて激安価格を実現しています。また、無駄の無いシンプルなデザインの仕上がりになっています。

個性的なデザインは、本人の好みに合えばデザイン自体に価値があります。しかしデザインに凝っているパソコンはその分生産コストが上がります。

マウスコンピューターは汎用性重視のシンプルなデザインが売りです。これも性能の高いパソコンを低価格で販売できる理由であると思います。

国内で生産しています

国内生産ですよ~。マウスコンピューターでは信頼性の高い製品作りのため、あえて国内生産にこだわっています。大手家電メーカーの工場に生産を依頼し、厳しい品質基準とプロセス管理により、安定性と信頼性の高い製品を工場直送の新鮮な価格で配送されます。

昨今の食料品事情ではないですが、外国産の製品になんとなく抵抗がある方もいるでしょう。マウスコンピューターならその点はクリアしていますので安心していいでしょう。

企業努力によって得た、品質保証の証

品質保証「インテル プレミア・プロバイダ」「Microsoft PLATINUM OEM」「Microsoft Partner Program 認定ゴールドパートナー」の認定を受けている数少ないメーカーです。

これらトップメーカーとの関係強化により、新しいOSやテクノロジがリリースされた時にいち早く対応製品を出荷することが可能となっています。

TBSドラマ内で採用されました

マウスコンピューターがTBSのドラマに登場少し古い話になってしまいますが、TBSのドラマ内にマウスコンピューターが登場しています。

TBSのドラマ年下の男 「とししたのおとこ」は、2003年の1月9日~3月20日まで TBSで毎週木曜、午後10時~10時54分の時間帯で放送されたテレビドラマです。

主演は稲森いずみ、共演は高橋克典・風吹ジュン・麻生祐未・星野真理などで、当時テレビドラマ自体が低迷を続けていた時期に結構視聴率が良かった人気ドラマでした。

画像は、当時展開していたマウスコンピューター製品 「Easy Cube」と 「m-book」が使われた撮影セットです。

マウスコンピューターのパソコンの沿革

マウスコンピューター は「Get the Ideal ~理想をカタチに~」のスローガンのもと、お客様のニーズに合わせたパソコンを1台ずつ「オーダーメイド」で作り、提供しているパソコンメーカーです。

マウスコンピューター公式サイト2006年に株式会社MJCが新設分割し、株式会社 mouse computer Japan が誕生しました。インターネットでの通販を主体に展開していますが、ダイレクトショップ(店舗)もあります。

mouse computer の名前の由来は、パソコンと接するとき一番よく使うパーツであるマウスをもって 「人と人を結びつける」 という意味を込め、社名に託してあるのだということです。

また、とても目を引くチーズのロゴは、笑顔で写真を撮る時の 「はい、チーズ」 にかけて 「お客様に笑顔を」 という想いを表しています。

マウスコンピューター はBTOパソコンを販売しています。 BTOパソコンとは、購入する人が自由にパソコンを構成するパーツを選択(カスタマイズ)して注文する事がでる、受注生産方式のパソコンです。

BTOパソコンの販売ですから、自分にピッタリのオリジナルパソコンを手に入れる事ができます。 mouse computer は、株式会社東京証券取引所 「マザーズ」 に株式を上場しており、多くの投資家の支持を得ています。

BTOパソコンといえばDELL(デル)が有名ですが、近年は多くのBTO方式のパソコンメーカーが登場しメーカー独自の製品を展開しています。マウスコンピューター は数あるBTOパソコンメーカーの中でもその激安価格が注目され、今後も目が離せないパソコンメーカーとして注目を浴びているようです。

最近は、パソコン自体のコストパフォーマンスが飛躍的に向上し、今やパソコンは消耗品感覚で購入できる時代になりました。

単純に mouse computer が激安だから、といった理由で支持を集めている訳ではなく、コストパフォーマンスの高さが評価され、パソコンに何十万円も掛ける事自体が非常に意味を持たなくなってきているからなのではないでしょうか?

マウスコンピューターでパソコンを購入する時に知っておきたい事

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ