サイトTOP > 無料(フリー)ソフトで十分! > TeraPad

TeraPad「TeraPad(テラパッド)」 は Windows に標準で付いているメモ帳にはない多くの機能を備えています。

起動時に IME パッドを自動的に ON にする機能や、文字の折り返し機能、最後の操作を取り消して元の状態に戻せるアンドゥ機能など、便利で役に立つ機能が盛りだくさんです。

ホームページのHTMLタグやPerl言語を表示する時はタグごとに色が指定できたり、矩形選択、ドラッグ&ドロップ編集などの機能も備えています。まさに万能のテキストエディタです。メモ帳感覚で使えるのでおススメです。

TeraPadインストール方法・手順

TeraPad配布先URL

http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html

TeraPadインストール手順

上記ページから 「tpad090.exe (683KB)(インストーラ付き)」 をクリック。保存したエグゼファイル(.exe)を実行し、インストールをします。

TeraPadのオススメ設定・使用方法

ここではTeraPad 自体の多彩な機能は直に使用して体験して頂くとして、今回は 「TeraPad」 と 「窓の手」 を使用したちょとマニアックな技を紹介します。

実は Windows 版 Internet Explorer の 「ソースの表示」 で起動するよう設定されているエディタ(メモ帳)は、「Shift_JIS」 という日本語文字コードにしか対応していないので、文字化けしてしまうのです。 そんな時は TeraPad が文字化けを解消してくれます。以下設定方法を紹介します。

窓の手とのコンボ設定

まず、このコーナーでも紹介している 「窓の手」 を起動します。画面を見ると、変更できる各種項目がタブ形式で表示されています。 右上下段の 「ie (1)」 というタブをクリックすると、Internet Explorer の設定に関する変更を行える項目が表示されます。

下の方の 「ソースを表示するエディタ」 の参照をクリックしてここを TeraPad に設定すれば完了です。 設定が終わったら実際文字化けしてしまっていたソースコードをもう一度表示させてみましょう。解消されていれば無事設定完了です。

無料(フリー)ソフト一覧へ戻る

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ