サイトTOP > マウスコンピューター レビュー > LUV MASHINES 購入のキッカケ

2007年2月、記念すべき第1回目のレポートは、超激安に挑んでいるモデル 「Lm-i215(ブラック)」 を銀行振込で実際に注文してみました。 おそらく皆様が気になるのは、「安いのは嬉しいけど、性能はどうなの?すぐ壊れるんじゃないの?」 といった所ではないかと思いますので、そのあたりもしっかりとチェックしたいと思います!

今回レビューしたのはこの機種です!

LUV MASHINES シリーズ

インテル Celeronインテル Celeron」を搭載。2つの独立したコアが同じ周波数で動作し、電力効率に優れたデュアルコア・パフォーマンスを実現します。
DDR2メモリDDR2メモリ」を採用。従来のDDRメモリに比べ、最大データ転送能力が1.3倍を超える高速性能メモリ。さらに省電力を合わせ持ちます。
税込価格 \29,820~
マウスコンピューター公式サイトへ

はじめに

レビューだよ!つい先月、忙しさに追われ正月に帰省が出来なかったので、ちょっと遅いけど実家(茨城)に帰ろうと思い帰省しました。実家に帰って数日もすればやる事が無くなるだろう、と予想していた私は普段サブマシンとして使っているノートパソコンを一緒に連れていきました。

案の上、帰って数日で家族からは煙たがられ 「いつ帰るんだろうか…アノ人は。」 的な空気が家族からヒシヒシと伝わってきました。

普段居ない人間が居ると色々気を使って大変なのだと、これは母の談。 そういう訳で、私は二階の部屋の片隅でノートパソコンを開き、「実家に帰ってまで仕事をしなくてもいいのにな…自分。」 と心の中で呟きながら仕事をしていました。

その様子を見ていた父親が 「実はパソコンが欲しい、安くていいから何かないか?」 と言ってきました。 これが、今回購入にするに至ったキッカケです。「パソコンはお前の方が詳しいから、お願いするよ。」 と言ってきたので、引き受けました。

父親が出した条件は、「①とにかく安くパソコンを手に入れたい。」 「②モニタはあるから要らない。」「③Windows XP は持っていて、でも一度もインストールしていない。有効活用できないか?」 「④インターネットと軽い文章作成が出来ればいい。」 以上の4点でした。

マウスコンピューターのデスクトップモデル 「Lm-i215」 はその激安価格でBTOパソコンブランドの中でもトップクラスなので前からチェックはしていましたが、一応他のBTOブランドの有名所、( DELLやドスパラ 、フェイスなど )と比較してから正式に決定しました。

マウスコンピューターを選んだ最大の決め手は、やはりその価格でした。ほぼ同じスペックのパソコンにおいて他のBTOブランドのものと比較するとやはり価格設定が低かったからです。

「すぐ故障してしまうのではないか?」 という心配もありましたが、こればかりは実際に使用してみないと分かりません。ただ、これだけ安いし 「1年間の無償サポート」 が効くのでそれならと思い購入に踏み切りました。

機種の確認へ

激安デスクトップPCを購入する!- LUV MACHINES 購入編 -

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ