サイトTOP > マウスコンピューター レビュー > モデルの選択

2007年2月、記念すべき第1回目のレポートは、超激安に挑んでいるモデル 「Lm-i215(ブラック)」 を銀行振込で実際に注文してみました。 おそらく皆様が気になるのは、「安いのは嬉しいけど、性能はどうなの?すぐ壊れるんじゃないの?」 といった所ではないかと思いますので、そのあたりもしっかりとチェックしたいと思います!

今回はOSなしモデルを購入しました

マウスコンピューター公式サイト、Lm-i215の詳細画面

★ ご購入・見積りページへ ★ 」 をクリックすると、ページが新しく開きます。

マウスコンピューター公式サイト、購入・見積もり画面へ上の画像はその新しく開いたページです。画面を下へスクロールしますと、各モデルの選択画面 「ご希望のモデルを選択して下さい」 が現れます。

幾つかモデルがアインアップされていますね…どれどれ。Lm-i215(ブラック)のOSなしモデルを希望するので、更に画面をスクロールすると … ありました!これで間違いありません。

さらに詳しくチェック!

Lm-i215 新しく開いたページには該当する機種の更に詳しい情報が載っています。ここでもう一度、自分が選んだ機種であるかどうか確認します。

ここがオススメ! この機種のオススメポイントが記載されています。なるほど、「24時間電話サービス」 が標準で付いてくるんですね。

詳細情報 基本スペックをはじめ、各種機能の説明や、付属のサポート・サービスなど詳しく記載してあります。ここもチェックしておきましょう!

中級者、上級者の方で、増設や自作の土台として購入を考える方は、マザーボードの型番やCPUの2次キャッシュ、メモリがPC-4200、最大2GBまで増設可能…といった事などもチェックしておくとよいのではと思います。

■ 見積もり・購入ボタン

ここでもう一度、自分が選んだ機種・モデルであるかどうか確認します。 オッケーなので、「見積もり・購入」のオレンジのボタンをクリックして、「カスタマイズ画面」 へジャンプします 。
見積もり・購入ボタン (←これです。)

支払い方法の確認へ

激安デスクトップPCを購入する!- LUV MACHINES 購入編 -

今回レビューしたのはこの機種です!

LUV MASHINES シリーズ

インテル Celeronインテル Celeron」を搭載。2つの独立したコアが同じ周波数で動作し、電力効率に優れたデュアルコア・パフォーマンスを実現します。
DDR2メモリDDR2メモリ」を採用。従来のDDRメモリに比べ、最大データ転送能力が1.3倍を超える高速性能メモリ。さらに省電力を合わせ持ちます。
税込価格 \29,820~
マウスコンピューター公式サイトへ

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ