サイトTOP > BTOパソコンカスタマイズ講座 > LANボード

LAN(LANボード)LANボードは、パソコンがインターネットに接続をする際に必要なパーツです。その他の呼び名として 「LANカード」や 「LANボード」、「ネットワークコントローラー(通称NIC:ニック~Network Interface Cardの略)」 があります。

これもサウンドカードと同じくオンボード(マザーボードに最初から搭載されている機能)になっていますので、高度なネットワーク環境・多機能を目指す方以外は、特に気にする必要はないと思います。

最近はオンボードで「ギガビット」の高速の通信速度を持つものがほとんどです。「ギガビット」とは1Gbps(122MB/秒)で通信可能という通信速度を指しています。

1000BASE-T

マウスコンピューターのカスタマイズ画面を見ると、「LAN」の項目のところに「10/100/1000BASE-T LAN」という表記がありますが、これは一体何でしょうか?

10/100/1000BASE-T LAN

1000BASE-T を例に挙げますと、これは「最高通信速度 1Gbps の Gigabit Ethernet(ギガビット・イーサネット)規格の一つ」という事になります。この仕様は1999年に規定されました。それでは「Ethernet(イーサネット)」 とは一体なんでしょうか?

これは、LAN規格の名称でパソコンとネットワークを繋げる際の通信制御方式の一つです。Xerox社とDEC社会によって考案されました。今現在最も世の中に普及している規格で、単純にLANボードと言った場合は、このEthernetに接続するためのボードである場合が多いです。

拡張カードへ

カスタマイズについて

各種カスタマイズ項目の解説

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ