サイトTOP > BTOパソコンカスタマイズ講座 > 3.5ドライブベイ

3.5インチのドライブベイ3.5 ドライブベイですが、「ドライブベイ」 とは、ハードディスクやCD-ROMドライブなど、パソコン本体に内蔵できるパーツや周辺機器を取り付けるために設けられた筐体(きょうたい)内の空間のことを言います。

筐体とは、簡単に言いますとパーツや周辺機器をまとめて格納するBOXのことです。 3.5 は3.5インチの事で、単位を変えると8.89cmということになります。

つまり、3.5 ドライブベイとは 「幅8.89cmの格納BOX」 ということですね。 ここでは、3.5 ドライブベイに格納できる機器の代表格、「マルチカードリーダー」 と 「フロッピードライブ」 について解説します。

カードリーダーとメディアの普及

デジタルカメラや携帯電話の普及と共に、コンパクトフラッシュやSDカードなどの小型の記録メディアが沢山出回るようになりましたが、これらのメディアをパソコンで読み書きできるようにするのが 「カードリーダー」 です。ここで、今現在発売されている主な小型記録メディアをまとめてみました。

SDカード コンパクトフラッシュ スマートメディア メモリースティック メモリースティックDuo
SDカード コンパクトフラッシュ スマートメディア メモリースティック メモリースティックDuo
miniSDカード microSDカード XDピクチャーカード マルチメディアカード マイクロロライブ
miniSDカード microSDカード XDピクチャーカード マルチメディアカード マイクロロライブ

その他、このメディアから派生した商品が幾つかあります(メモリースティックProなど)。カードリーダーも色々発売されていますが、何種類のメディアに対応したカードリーダーなのかが、選ぶ際の一番のポイントになります。

例えば、自分が持っている携帯の記録メディアが、「XDピクチャーカード」 だとしますと、当然パソコンの3.5ドライブベイに内臓するカードリーダーは、「XDピクチャーカード」 に対応して欲しいですよね。あとは、データ転送の速度もチェックするポイントですが、今はほとんどが 「USB2.0」 という規格ですので特に気にしなくても大丈夫だと思います。

もし 「USB1.1」 なんていう表記を見かけたら、購入は避けましょう。「USB2.0」と比べると速度に天と地との差がありますので。

マウスコンピューターのカスタマイズでは 「USB2.0」、対応が コンパクトフラッシュ/スマートメディア/メモリースティック/SDカード/マルチメディアカード /マイクロドライブ の6メディア対応の3.5 ドライブベイの選択が可能です。

ちなみに、miniSDカードやmicroSDカードなどの超小型カードは、専用のアダプタを仲介する事で、SDカードの差込口を利用できるようになっていますので実質は6種類以上のメディアに対応が可能です。

フロッピードライブ (フロッピーディスクドライブ)

フロッピーディスクドライブ数年前のパソコンには標準で搭載されていたフロッピードライブですが、今は逆にフロッピーを標準で搭載しないパソコンが当たり前になっています。

3.5 ドライブベイ に搭載する機器としてフロッピードライブは絶対に必要ではなくなったのです…。

先に紹介したメディア達やUSBフラッシュメモリーなどにその役割を取って代わられるようになりました。技術が進歩し、とても嬉しい限りですが、馴染み深いフロッピーがいずれ消えてなくなると思うと、少し寂しい気もします…。もちろん必要であれば選びましょう。

因みにフロッピーディスクを発明したのは日本人で、ドクター中松という結構お笑い系で一時期フューチャーされていた、選挙にも立候補とかしている人です。

VIDEO(グラフィックボード)へ

カスタマイズについて

各種カスタマイズ項目の解説

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ