サイトTOP > パソコン初心者の為の購入ガイド > コストパフォーマンスを重視する

コストパフォーマンスを重視するコストパフォーマンスとは「価格性能比」のことを意味します。パソコンやそれを構成するパーツに設定された価格の妥当性を形容する際に用いられる言葉として良く使用されます。

価格に対して期待される性能(内容)と比べ、実際の性能(内容)が釣り合っているかそれ以上の場合には「コストパフォーマンスが高い」とか、「コストパフォーマンスが良い」と形容します。

逆に、価格に対して期待される性能(内容)と比べ、実際の性能(内容)が劣っている場合には「コストパフォーマンスが悪い」「コストパフォーマンスが低い」と形容します。

ここで抑えておきたいのが、パソコンの各パーツは、その商品が発売されて数年も経過すれば、当初の定価よりも大幅に値段を下げて流通する、という事実です。例えば、発売当初、250GBのHDDの価格が5万円だったのに、2年後には1万数千円になっている、といった具合です。

パソコン業界の技術の進歩の早さは圧倒的なので、価格はすぐに落ちていきます。

ですから実はパソコンに関していえば、発売したばかりの値段で購入しても、すぐに更なる性能を持つ後継機種が現われ、ご丁寧に価格さえも安く登場する場合があるので、かなり損した気持ちになります。

ですから、なるべく価格が下落し、一旦落ち着いた感のあるパーツで構成されたパソコンを狙うのが最も賢い買い方かと思います。

管理人の経験から言えば、BTOパソコンでは、大体10万円~15万円の価格帯のパソコンが、もっとも需要と供給のバランスが取れたパーツで構成された商品(=生産台数が増えるので、コストの掛け方に効率性が生まれ、価格が抑えられる、という図式)だと思いますので、おススメしています。

私は、いつも大体この辺りの価格帯のパソコンを購入し、1年位経過したらまた新品を買い、古いパソコンをバラし、パーツをリサイクルショップで売ります。そうすると実質6万円~11万円でパソコンを手に入れた事と同義になります。

このサイクルが一番コストパフォーマンスが高いのでは?と個人的には思っています。

パソコンを購入する際のポイント

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ