サイトTOP > パソコン初心者の為の購入ガイド > とにかく安いパソコンでいい!

とにかく安いパソコンでいい!一番シンプルでそう考える人が多いと思います。とにかく「一番安いパソコンでいい!」はまだしも、「安いのに越したことは無い。」という考えは、殆どの方がそう思うはずです。

まずは、基本的に安価品を追う場合は、高性能なパソコンは手に入らないという感覚でいた方が無難です。

しかし、近年は、パソコン製造の技術自体、目覚しい進歩を遂げていますから、インターネットやメール程度、またはビジネス用途であれば、安価なPCでも全然問題ないでしょう。

安いパソコンであれば、マウスコンピューターのパソコンはうってつけです。 激安メーカーのパイオニアとしての呼び声が高く、実際に現在も激安メーカーとして商品を展開しています。ここではその中から、一番安いモデルをデスクトップ、ノートブック共に一台づつ紹介しておきます。

注意点としては、デスクトップの価格は「モニターなしでの価格」なのでモニターがない場合は別途モニターを購入する必要があるため、選択したモニターの価格をプラスする必要がありますよ。

これが最安値!これで十分!デスクトップパソコン

LUV MACHINES Slim シリーズ

インテル Celeronインテル Celeron」を搭載。2つの独立したコアが同じ周波数で動作し、電力効率に優れたデュアルコア・パフォーマンスを実現します。
スーパーマルチドライブスーパーマルチドライブ」を搭載。DVDなどのマルチメディアの視聴&大切なデータをDVDメディアに保存することができます。
税込価格 \29,820~
LUV MACHINES Slim シリーズ

これが最安値!これで十分!ノートブックパソコン

LuvBook U600 シリーズ

インテル Celeronインテル Celeron」を搭載。2つの独立したコアが同じ周波数で動作し、電力効率に優れたパフォーマンスを実現します。
HDMIHDMI」を搭載。別売のHDMIケーブルを使用してHDMI対応テレビと接続すれば、手軽にハイビジョン映像がテレビで観られます。
税込価格 \49,800~
LuvBook U600 シリーズ

安物買いの銭失いには十分注意を!

いくら安いからって、パソコンはひとつのツールです。道具です。道具ですから、自分がこれをしたい、あれをしたい、と思った時に、その目的が叶わなければただの鉄のカタマリになってしまいます。

ですから、一番安いものを求める時のコツとしては、元々性能については拘りをもっていないのでしょうから、しっかり見定めるべきはその機能です。

性能については、ハッキリ行って最安値を求めるタイプの人であれば文句ないレベルです。それ位最近のパソコンというは性能が向上しています。

機能というのは、つまり「出来ること」です。初心者にとて重要なポイントを挙げると、

USBのポートの数 周辺機器を多用する場合は、足りないと別途USBポート分の物理的+が増える。
各種メディアカードの対応 ノートパソコンの中には、SSDにのみとかもあったような。少なくてもマルチではないので、しっかりと確認を。
LANポートの位置 側面に繋ぐタイプなのか背面なのか、確認しておくと良い。特に側面タイプだと、配線の際の横のスペースは必要かも。
USBポートの位置 かつてワタシは右ききなのに、左にポートがあって、非常にストレスを感じたことがあります。

こんな感じでしょうか?このあたりは、後で追加とかもできるパターンまりますが、基本的に機能の追加=物理的にモノが増える、という事なので、特にノートを買う予定の人は気を付けて下さい。

目的別オススメ機種

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ