サイトTOP > パソコン初心者の為の購入ガイド > BTOのココをおさえろ!

BTOのココをおさえろ!このページでは、初心者向けにシンプルにカスタマイズというものを考えられるために、パソコンを購入する目的・用途を、達成する(満たす)にはどのようなカスタマイズをするべきか?どのパーツが必要なのか?というのを一覧にしてみました。

あくまで、初心者向けの内容になっているで若干大雑把になっているかと思いますが、カスタマイズに挑戦してみたい!という方は参考にしてみて下さい。

あくまで管理人の意見ですが、一つ言えることは、最近のパソコンの性能は、ひと昔前に比べてそうとう向上しています。

ですから「動画編集」や「CG作成」といったジャンルの中でもそうとうクリエイティブな作業を目的としない限り、6,7万円(本体のみの価格)程度のパソコンでもは十二分だということです。

目的・用途別カスタマイズ項目一覧!ここをカスタムすれば大丈夫!

目的・用途 カスタム 説明
インターネットとメールが出来ればいい CPU・HDD 現在パソコンの性能はかなり高まっています。CPU・HDDともに一番安価なもを選択しても問題なしです。
テレビが見たい TVチューナーカード パソコンでテレビをみるには「TVチューナーカード」が搭載されていなければいけません。選択しましょう。
TV番組を沢山録画する HDD TV録画の場合であれば、最低500GB、1TBあるとかなり心強いのではないかと思います。
ネットゲームを快適に楽しむ VIDEO 最近のネットゲームはグラフィックの質が高いです。標準では厳しいのでGeforceやRadeonを選択しましょう。
デジカメの画像をパソコンで楽しむ ドライブベイ カードリーダーを搭載しましょう。ケーブル接続できてもカスタム推奨です。安価なので、損にはなりません。
iTunesで音楽を管理・鑑賞したい HDD 容量が大きいほど沢山保存できます。音楽データであれば80GBで20,000曲位は管理できます。
自分で撮ったムービーを管理したい HDD 容量が大きいに越したことはありません。予算と相談して出来る限り大容量を選択しましょう。
ホームページやブログを作りたい CPU・メモリ 簡単なHP作成にはそんに高性能のパソコンは要りません。一番安価なもを選択しても問題なしです。

最近は、カスタマイズというのは、よっぽど色々な機能に精通していて、なおかつ自分でしっかりとした目的がある人意外はやる必要が無いのでは?と思います。

それほどパソコン自体の性能が上がってきていて、スペックなど気にしないで購入しても、処理のスピードとかで不都合に見舞われる可能性はかなり低いと思います。

コストパフォーマンスを重視する

パソコンを購入する際のポイント

マウスコンピューター調査隊の更新履歴

このページの先頭へ
HOMEへ